インターロッキングブロック

近年の急激な都市化、一極集中化は地表面が建物やアスファルト舗装で覆われ、本来大地が持っていた保水・遊水機能を妨げる結果を招きました。

そのため豪雨時による雨水流出量増大し河川流域を中心とする水害事故発生の一因に挙げられている他、地球温暖化現象の要因との報告も行われています。

このため公共建築物をはじめとする公共空間において雨水の浸透・貯留を含む雨水流出施設を整備する動きも高まりつつあります。

このような動きの中で大地の機能回復・補完といった災害対策だけでなく、都市空間の緑化推進、快適な歩行の実現、都市景観への配慮、施工の容易性・柔軟性など優れた特性を持った舗装材が注目を集めています。

人と地球、都市と自然の共生という壮大なテーマのもと、都市環境の未来を担う先端技術として今、透水性インターロッキングブロック舗装への期待が高まっています。

適用場所

一般舗道を始め歩行者系道路である公園の遊歩道、駅前広場、公園広場、建物外構などのオープンスペースや駐車場、商店街・住宅地などの歩車共存道路等が挙げられ、適応範囲は拡大しつつあります。

適用目的

都市河川の氾濫防止

配水施設の負担軽減

街路樹の育成

雨天時の歩行性向上

地盤沈下の抑制

地下水の貯留

すべり抵抗の増大

透水性インターロッキングブロック舗装の特徴

透水性インターロッキングブロック舗装は色・形状など様々なタイプが有り、幾種のブロックを組合せ敷設することにより周辺環境との調和をはかるほか、破損時の維持・補修などのアフターケアも容易に行えます。

また、雨天時においても舗装表面に水たまりができないので歩行者も安心して歩行することが出来ます。

透水性インターロッキングブロックの規格

(社団法人インターロッキングブロック舗装技術協会)

曲げ強度 P=3.0Mpa

透水係数 K=1×10-2cm/sec

舗装断面

歩道・公園・広場の場合

歩道・公園・広場の場合

駐車場・4t以下の管理用車両が通行する場合

駐車場・4t以下の管理用車両が通行する場合

 


雨水流出抑制施設の種類

雨水流出抑制施設の種類

 

文字サイズ: ||


新着情報

2017年8月8日
コンクリート製品洗浄サービスの特設ページを開設しました

2017年8月8日
夏季休業のお知らせ

2017年7月14日
北洋銀行 ものづくりテクノフェア2017に出展します

2017年7月1日
北海道庁『先進的エネルギー関連技術開発支援事業』に当社の開発が採択されました!

2017年5月16日
北海道建設新聞に弊社の記事が掲載されました

2017年3月31日
平成28年度補正革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金に採択されました

2017年3月15日
北洋銀行ドリーム基金に採択頂きました

2017年2月10日
スリット入りブロックを発売しました

2017年1月5日
カタログを刷新しました

2016年11月24日
ミャンマーの展示会に出展しました

2016年8月31日
北海道ポラコン㈱の地域貢献事業

2016年8月3日
札幌市主催『世界冬の都市市長会議』のビジネス交流会に参加しました

2016年8月3日
北洋銀行にて私募債を発行しました(北洋エコボンド)

2016年7月26日
日本商工会議所「平成27年度補正小規模事業者持続化補助金」に採択されました

2016年7月26日
お盆期間中の営業日のご案内

2016年6月30日
平成27年度補正ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金において当社の「コンクリート製品の性能復活サービスの展開」が採択されました

2016年6月30日
道銀エコ私募債を発行致しました

2016年6月23日
当社の特集記事がふりっぱー7月号(札幌白厚版)に取り上げられています

2016年5月27日
立命館大学と共同研究を開始しました

2016年4月27日
ゴールデンウィーク期間中の営業日のご案内

2016年3月22日
「札幌市地域安全サポーターズ」に登録しました

2016年2月26日
栗山工場で臨時社員を募集しています

2016年1月20日
簡易ボーリング調査サービスを始めました

2015年12月14日
年末年始休業のお知らせ

2015年12月9日
札幌市、中国瀋陽市姉妹都市35周年にかかる、環境ビジネス交流会IN瀋陽、大連に参加してきました

2015年11月6日
インターンシップで高校生1名が来社しました

2015年10月10日
平成26年度補正ものづくり・商業・サービス革新補助金2次公募で当社の「設計給水装置を利用した冬期の融雪装置の開発」が採択されました

 




北海道ポラコンはWater Projectに参加しています