実験施設

・浸透面の点検、手入れが容易である。

・あらゆる土質に適用される。

・浸透施設の各種設計水深に換算できる。

・実施設標準構造が未定であって、後に標準構造を定める場合においても対応できる。

・浸透トレンチの浸透能力がほぼ把握できる。

解析結果(土研法)により得られる係数

①a:浸透係数(浸透能力係数)㎥/hr/㎡/m

 ㎥:浸透量

 hr:1時間当たり

 ㎡:1㎡当たりの浸透面積

 m :水頭

②k:浸透係数 ㎝/sec

実験結果の係数を用いた浸透量の算定法

①の場合

 Qf=a・H・A(静水圧法)

②の場合

 透水係数は時間当たりの速さのため浸透量は理論式に代入算出して求める。

経済性について

 過去の実績より①の実験式を用いた浸透能力は②の理論式に代入算出した場合より比較的大きくなるケースが多く経済的でありコストダウンが期待できる。

 その他の試験方法として土質工学(JIS)の分野でボアホール法が従来より採用されているがオーガー孔を利用するため掘削時に孔壁、孔底の締固めや孔底の削屑等で不透水膜を生じ透水係数が過小となる場合があり且つ、砂および砂礫地盤ではボイリングによる孔壁の破壊が考えられることから不可能である。

浸透施設の設計には実験施設の構造として適しない面があるほか試験方法、解析方法では適用範囲外となる場合もあり十分に注意する必要がある。

注)試験方法および解析方法

 透水試験法として地盤工学会規準(JGS1314-1995)の非定常法(変水位法)が従来より採用されているが、この方法は地下水面下の飽和した砂質地盤を対象としているため地下水面上の不飽和帯には適用できないと記されているが飽和帯(不浸透域)の浸透能力は主に水頭差(圧力)のみで左右され浸透能力が非常に小さく浸透工法の計画には適合しないことになる。

浸透工法の考え方は浸透域にあたる不飽和領域の土壌内に圧力と共に拡散させる理論に基づき浸透能力を確認するものである。

 

文字サイズ: ||


新着情報

2017年8月8日
コンクリート製品洗浄サービスの特設ページを開設しました

2017年8月8日
夏季休業のお知らせ

2017年7月14日
北洋銀行 ものづくりテクノフェア2017に出展します

2017年7月1日
北海道庁『先進的エネルギー関連技術開発支援事業』に当社の開発が採択されました!

2017年5月16日
北海道建設新聞に弊社の記事が掲載されました

2017年3月31日
平成28年度補正革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金に採択されました

2017年3月15日
北洋銀行ドリーム基金に採択頂きました

2017年2月10日
スリット入りブロックを発売しました

2017年1月5日
カタログを刷新しました

2016年11月24日
ミャンマーの展示会に出展しました

2016年8月31日
北海道ポラコン㈱の地域貢献事業

2016年8月3日
札幌市主催『世界冬の都市市長会議』のビジネス交流会に参加しました

2016年8月3日
北洋銀行にて私募債を発行しました(北洋エコボンド)

2016年7月26日
日本商工会議所「平成27年度補正小規模事業者持続化補助金」に採択されました

2016年7月26日
お盆期間中の営業日のご案内

2016年6月30日
平成27年度補正ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金において当社の「コンクリート製品の性能復活サービスの展開」が採択されました

2016年6月30日
道銀エコ私募債を発行致しました

2016年6月23日
当社の特集記事がふりっぱー7月号(札幌白厚版)に取り上げられています

2016年5月27日
立命館大学と共同研究を開始しました

2016年4月27日
ゴールデンウィーク期間中の営業日のご案内

2016年3月22日
「札幌市地域安全サポーターズ」に登録しました

2016年2月26日
栗山工場で臨時社員を募集しています

2016年1月20日
簡易ボーリング調査サービスを始めました

2015年12月14日
年末年始休業のお知らせ

2015年12月9日
札幌市、中国瀋陽市姉妹都市35周年にかかる、環境ビジネス交流会IN瀋陽、大連に参加してきました

2015年11月6日
インターンシップで高校生1名が来社しました

2015年10月10日
平成26年度補正ものづくり・商業・サービス革新補助金2次公募で当社の「設計給水装置を利用した冬期の融雪装置の開発」が採択されました

 




北海道ポラコンはWater Projectに参加しています