用語の解説

一般用語

水循環

一般的には海水が蒸発し雲となり雨を降らせ、雨水が大地にしみ込み、地下水や河川水になって流れ、さまざまな形で人々に利用されて、再び海に戻る水の循環。

特に、都市域では自然が本来持っている水の循環経路が、上水道や下水道などの給排水施設の影響を大きく受けており、自然系だけではなく人口系も含めた 水の循環系(システム)として捉えられる。

流出抑制

雨水が河川や下水道に直接的に流出しないようにすること。これにより、下流河川等に対する洪水負担が軽減される。

拡水法

雨水を地表あるいは地下の浅い所から土壌の不飽和帯を通して地中に浸透させる方法。

流出抑制施設

流出抑制を目的として設置される施設で貯留施設と浸透施設に大別される。貯留施設はオフサイト貯留とオンサイト貯留に分類され、浸透施設は拡水法と井戸法 に分類される。

浸透施設

雨水を拡水法により浸透させる施設で、浸透桝、浸透トレンチ、浸透側溝、透水性(平板)舗装等がこれに当たる。

浸透桝

浸透性の桝の周辺を砕石で充填し、集水した雨水を側面および底面から地中へ浸透させる施設をいう。

浸透トレンチ

浸透性の管の周辺を砕石で充填し、浸透桝と連結し浸透桝に流入した雨水を導き砕石の側面および底面から地中へ浸透させる施設をいう。

浸透側溝

側溝の周辺を砕石で充填し、雨水を側面および底面から地中へ浸透させる側溝類をいう。

透水性舗装

雨水を直接透水性の舗装体に浸透させ、路床の浸透能力により雨水を地中へ浸透させる舗装をいう。舗装体の貯留による流出抑制機能を期待する場合もある。

透水性平板

透水性のコンクリート平板および目地を通して雨水を地中へ浸透させる機能を持つ舗装である。浸透原理は透水性舗装と同じである。

現地調査用語

土研法

簡便な現地浸透試験方法。径30㎝、深さ1m程度の円筒の底面から浸透させる。建設省土木研究所の発案によることから土研法と通称されている。

定水位法

現地浸透試験での注水方法の1つで、試験施設内の湛水深(水位)を一定に保ちつつ注水する方法。

変水位法

現地浸透試験での注水方法の1つで、試験施設への注水停止後の水位の低下と所要時間を測定する方法。

終値浸透量

定水位法による現地浸透試験において注水を継続したのち浸透量がほぼ一定となった時の浸透量をいう。

尚、終値浸透量の解析方法として一般的には“コスチア コフの浸潤式(建設省土木研究所資料第2126号”)を用いているが、この方法は実測値より近似式を導き、経過時間ごとに近似値を導き、経過時間ごとに近 似値を求める。

この近似値をグラフにプロットすると近似曲線となり図に示す箇所が終値浸透量となる。


透水係数(㎝/sec)

多孔質体中の水の流速の大きさを示す指標

浸透係数(㎥/hr/㎡/m)

土研法(建設省土木研究所の解析法)で得られる係数で透水係数の流速に対し浸透係数は浸透面の一定の面積、水頭、時間当たりの浸透量。

不透水層(滞水層)

地下水を透し難いかと、透さないという意味で使用する地層単元。

地下水

地下水面より下にあり、地層の間隙を満たして重力の作用により流動している水。

宙水

不圧地下水の一種で、下部の地下水体とは不飽和帯で隔離されたもの。その地下水面は宙水面(宙水位)と呼ばれる。

SS(浮遊物質)

水中に懸濁している物質(単位㎎/ℓ)で空気中では長時間浮遊する微粒子(細かいチリ等)。また水中ではろ過または遠心沈殿によって分解できるものであり 河川においては乱流によって長時間河床と接触しない。

計画設計用語

集水面積

計画地(周辺から雨水が流入する地域も含む)で発生する雨水量エリア(面積)

単位浸透量

浸透桝1基、浸透トレンチ1m当たりなど、単位施設当たりの浸透量。現地浸透試験や透水係数から推定する。

影響係数

目詰まりや地下水位などの要因による浸透量の低下を考慮する際の安全係数。

単位設計浸透量

単位浸透量から求まる基準浸透量に目詰まり等による浸透能力低下を考慮した単位施設の浸透量をいう。(設計値に適用)

浸透桝、道路浸透桝 ㎥/hr/個(単位施設当たり)浸透トレンチ、浸透側溝 ㎥/hr/m(単位施設当たり)透水性(平板)舗装、透水性ブロック㎥/hr/㎡(単位施設当たり)

設計浸透強度

設計処理量をその集水面積と流出係数で割ったもので㎜/hrで表す。

設計水頭

単位設計浸透量の算定に使用する浸透施設内の水深をいう。(原則として置換材天端とする)

空隙率

砕石等の充填材のみかけの体積と、みかけの体積から充填材の真の体積を減じて残った体積(空隙)との割合をいう。

貯留量

浸透桝等の内空と充填材の空隙に貯留される量をいう。(一般的には充填材の空隙率を30%としているが敷砂部は貯留量から除外する)

 

文字サイズ: ||


新着情報

2017年8月8日
コンクリート製品洗浄サービスの特設ページを開設しました

2017年8月8日
夏季休業のお知らせ

2017年7月14日
北洋銀行 ものづくりテクノフェア2017に出展します

2017年7月1日
北海道庁『先進的エネルギー関連技術開発支援事業』に当社の開発が採択されました!

2017年5月16日
北海道建設新聞に弊社の記事が掲載されました

2017年3月31日
平成28年度補正革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金に採択されました

2017年3月15日
北洋銀行ドリーム基金に採択頂きました

2017年2月10日
スリット入りブロックを発売しました

2017年1月5日
カタログを刷新しました

2016年11月24日
ミャンマーの展示会に出展しました

2016年8月31日
北海道ポラコン㈱の地域貢献事業

2016年8月3日
札幌市主催『世界冬の都市市長会議』のビジネス交流会に参加しました

2016年8月3日
北洋銀行にて私募債を発行しました(北洋エコボンド)

2016年7月26日
日本商工会議所「平成27年度補正小規模事業者持続化補助金」に採択されました

2016年7月26日
お盆期間中の営業日のご案内

2016年6月30日
平成27年度補正ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金において当社の「コンクリート製品の性能復活サービスの展開」が採択されました

2016年6月30日
道銀エコ私募債を発行致しました

2016年6月23日
当社の特集記事がふりっぱー7月号(札幌白厚版)に取り上げられています

2016年5月27日
立命館大学と共同研究を開始しました

2016年4月27日
ゴールデンウィーク期間中の営業日のご案内

2016年3月22日
「札幌市地域安全サポーターズ」に登録しました

2016年2月26日
栗山工場で臨時社員を募集しています

2016年1月20日
簡易ボーリング調査サービスを始めました

2015年12月14日
年末年始休業のお知らせ

2015年12月9日
札幌市、中国瀋陽市姉妹都市35周年にかかる、環境ビジネス交流会IN瀋陽、大連に参加してきました

2015年11月6日
インターンシップで高校生1名が来社しました

2015年10月10日
平成26年度補正ものづくり・商業・サービス革新補助金2次公募で当社の「設計給水装置を利用した冬期の融雪装置の開発」が採択されました

 




北海道ポラコンはWater Projectに参加しています