Glossary

一般用語

水循環

一般的には海水が蒸発し雲となり雨を降らせ、雨水が大地にしみ込み、地下水や河川水になって流れ、さまざまな形で人々に利用されて、再び海に戻る水の循環。

特に、都市域では自然が本来持っている水の循環経路が、上水道や下水道などの給排水施設の影響を大きく受けており、自然系だけではなく人口系も含めた 水の循環系(システム)として捉えられる。

流出抑制

雨水が河川や下水道に直接的に流出しないようにすること。これにより、下流河川等に対する洪水負担が軽減される。

拡水法

雨水を地表あるいは地下の浅い所から土壌の不飽和帯を通して地中に浸透させる方法。

流出抑制施設

流出抑制を目的として設置される施設で貯留施設と浸透施設に大別される。貯留施設はオフサイト貯留とオンサイト貯留に分類され、浸透施設は拡水法と井戸法 に分類される。

浸透施設

雨水を拡水法により浸透させる施設で、浸透桝、浸透トレンチ、浸透側溝、透水性(平板)舗装等がこれに当たる。

浸透桝

浸透性の桝の周辺を砕石で充填し、集水した雨水を側面および底面から地中へ浸透させる施設をいう。

浸透トレンチ

浸透性の管の周辺を砕石で充填し、浸透桝と連結し浸透桝に流入した雨水を導き砕石の側面および底面から地中へ浸透させる施設をいう。

浸透側溝

側溝の周辺を砕石で充填し、雨水を側面および底面から地中へ浸透させる側溝類をいう。

透水性舗装

雨水を直接透水性の舗装体に浸透させ、路床の浸透能力により雨水を地中へ浸透させる舗装をいう。舗装体の貯留による流出抑制機能を期待する場合もある。

透水性平板

透水性のコンクリート平板および目地を通して雨水を地中へ浸透させる機能を持つ舗装である。浸透原理は透水性舗装と同じである。

現地調査用語

土研法

簡便な現地浸透試験方法。径30㎝、深さ1m程度の円筒の底面から浸透させる。建設省土木研究所の発案によることから土研法と通称されている。

定水位法

現地浸透試験での注水方法の1つで、試験施設内の湛水深(水位)を一定に保ちつつ注水する方法。

変水位法

現地浸透試験での注水方法の1つで、試験施設への注水停止後の水位の低下と所要時間を測定する方法。

終値浸透量

定水位法による現地浸透試験において注水を継続したのち浸透量がほぼ一定となった時の浸透量をいう。

尚、終値浸透量の解析方法として一般的には“コスチア コフの浸潤式(建設省土木研究所資料第2126号”)を用いているが、この方法は実測値より近似式を導き、経過時間ごとに近似値を導き、経過時間ごとに近 似値を求める。

この近似値をグラフにプロットすると近似曲線となり図に示す箇所が終値浸透量となる。


透水係数(㎝/sec)

多孔質体中の水の流速の大きさを示す指標

浸透係数(㎥/hr/㎡/m)

土研法(建設省土木研究所の解析法)で得られる係数で透水係数の流速に対し浸透係数は浸透面の一定の面積、水頭、時間当たりの浸透量。

不透水層(滞水層)

地下水を透し難いかと、透さないという意味で使用する地層単元。

地下水

地下水面より下にあり、地層の間隙を満たして重力の作用により流動している水。

宙水

不圧地下水の一種で、下部の地下水体とは不飽和帯で隔離されたもの。その地下水面は宙水面(宙水位)と呼ばれる。

SS(浮遊物質)

水中に懸濁している物質(単位㎎/ℓ)で空気中では長時間浮遊する微粒子(細かいチリ等)。また水中ではろ過または遠心沈殿によって分解できるものであり 河川においては乱流によって長時間河床と接触しない。

計画設計用語

集水面積

計画地(周辺から雨水が流入する地域も含む)で発生する雨水量エリア(面積)

単位浸透量

浸透桝1基、浸透トレンチ1m当たりなど、単位施設当たりの浸透量。現地浸透試験や透水係数から推定する。

影響係数

目詰まりや地下水位などの要因による浸透量の低下を考慮する際の安全係数。

単位設計浸透量

単位浸透量から求まる基準浸透量に目詰まり等による浸透能力低下を考慮した単位施設の浸透量をいう。(設計値に適用)

浸透桝、道路浸透桝 ㎥/hr/個(単位施設当たり)浸透トレンチ、浸透側溝 ㎥/hr/m(単位施設当たり)透水性(平板)舗装、透水性ブロック㎥/hr/㎡(単位施設当たり)

設計浸透強度

設計処理量をその集水面積と流出係数で割ったもので㎜/hrで表す。

設計水頭

単位設計浸透量の算定に使用する浸透施設内の水深をいう。(原則として置換材天端とする)

空隙率

砕石等の充填材のみかけの体積と、みかけの体積から充填材の真の体積を減じて残った体積(空隙)との割合をいう。

貯留量

浸透桝等の内空と充填材の空隙に貯留される量をいう。(一般的には充填材の空隙率を30%としているが敷砂部は貯留量から除外する)

 

Font size: large/medium/small


新着情報

2019年3月8日
(日本語) 当社の製品・技術を紹介する動画を制作しました

2018年9月3日
JICA adopted our proposal, “Basic Study for the Introduction of Porous Products against Damages of Infrastructures caused by Expansive Clay in Indonesia”, as “Support Program for the Overseas Development of the Small and Medium Enterprises”.

2018年8月8日
Our project was adopted as “Sapporo Development Subsidiary Program of Environmental and Energetic Technology by the Northern Advancement Center for Science and Technology”.

2018年8月6日
(日本語) 弊社夏季休暇について

2018年4月5日
Participation in the “Area Cleanup Project” of the Sapporo Chuo-ward Disaster Prevention Association

2018年2月14日
”Performance Resuscitation Service of the Concrete Materials” of Hokkaido Poracon was introduced in the “Examples of the Subsidiary Program for the Manufacturing Projects –Hokkaido- Vol. 3”

2017年12月4日
(日本語) 外構工事特設ページを開設しました!

2017年8月8日
Opening of the special page of website on the “Cleaning Service for the Concrete Products”

2017年8月8日
(日本語) 夏季休業のお知らせ

2017年7月14日
Exhibition at the “Hokuyo Bank Manufacturing Technology Fair 2017”

2017年7月1日
Adoption of our technology by the “Support Program for the Development of Advanced Energy Technology” of Hokkaido Provincial Government

2017年5月16日
Appearance of Hokkaido Poracon’s article in the Hokkaido Construction Newspaper

2017年3月31日
Adoption of our innovative technology by the Subsidiary Program 2016 of the Japanese Small and Medium Enterprise Agency

2017年3月15日
Wining a prize of the Dream Foundation of North Pacific Bank

2017年2月10日
Launch of new block with slit “Line Range” in the market

2017年1月5日
Revision of our products brochure

2016年11月24日
Participation in an exhibition in Myanmar

2016年8月31日
Hokkaido Poracon’s regional contribution project

2016年8月3日
Participation in the Business Meeting Fair of the World Winter Cities Association for Mayors hosted by the City of Sapporo

2016年8月3日
Issuance of private placement bond through North Pacific Bank (Hokuyo Eco Bond)

2016年7月26日
Selected to receive the 2015 subsidy for sustaining small-scale enterprises by the Japan Chamber of Commerce and Industry.

2016年7月26日
Information on business days during the Bon festival period

2016年6月30日
Our service for restoring the performance of concrete products was selected to receive the 2015 subsidy for supporting new development in manufacturing, commerce and services.

2016年6月30日
Issuance of Dogin (Hokkaido Bank) Eco Private Placement Bond

2016年6月23日
An article featuring our company to appear in the July issue of Fripper (Sapporo Shiroatsu version)

2016年5月27日
Joint research with Ritsumeikan University

2016年4月27日
ゴールデンウィーク期間中の営業日のご案内

2016年3月22日
「札幌市地域安全サポーターズ」に登録しました

2016年2月26日
栗山工場で臨時社員を募集しています

2016年1月20日
簡易ボーリング調査サービスを始めました

2015年12月14日
年末年始休業のお知らせ

2015年12月9日
札幌市、中国瀋陽市姉妹都市35周年にかかる、環境ビジネス交流会IN瀋陽、大連に参加してきました

2015年11月6日
インターンシップで高校生1名が来社しました

2015年10月10日
平成26年度補正ものづくり・商業・サービス革新補助金2次公募で当社の「設計給水装置を利用した冬期の融雪装置の開発」が採択されました

 




北海道ポラコンはWater Projectに参加しています