FAQ

設計

Q)浸透施設の種類は

浸透桝

浸透井戸

浸透トレンチ

浸透側溝(U型)比較的地下水位が高い箇所で有効

浸透側溝(皿型)比較的地下水位が高い箇所で有効

*素掘り側溝は浸透施設に含みません

Q)計画、設計に際しての必要資料は

計画平面図

雨水流出量の算出

土質および地下水の把握

許容放流量の有無(公共の下水道等に許容放流分を排水する場合は事前に各公共機関に相談します)その他

Q)雨水流出量算出の算出方法は

算定式は道路土工:排水工指針に掲載

降雨強度の決定(大雨資料、道路土工:排水工指針、各市町村の下水量基準により決定)

流域面積

流出係数

Q)浸透能力の算定法は

①透水係数による方法

土質から推定し透水係数を設定し求めます。

土の室内土質(粒度試験)により透水係数を算出します。

②静水圧による静水圧法

現地浸透試験より得られた浸透能力係数を用います。

Q)透水係数と浸透能力係数の違いが判らない

①透水係数cm/sec(流速)浸透量を算出するには理論式に代入して求めます。

②浸透能力係数m3/hr/m2/m(解析により浸透量を把握可能のため理論式で求める必要ありません)*土研法(旧建設省土木研究所法)による試験および解析にて算出

Q)設計に際する土質の判定は

①ボーリングデータを参考に透水係数を推定する方法。

②土の室内粒度試験により透水係数を算出する方法。

③現地浸透試験を行い浸透能力係数を算出する方法(土研法)得られる係数は浸透能力係数であり旧建設省土木研究所が浸透工法のための試験方法および解析方法を研究して得られた方法。

注)土質分野で透水試験方法として従来より地盤工学会およびJIS1316等が挙げられますが試験および解析方法の適用条件として前者は地下水面下の飽和されている地盤(不浸透域)とされ地下水面上の不飽和帯(浸透域)には適用されません。また、後者は地下水面上の不飽和帯で締固めた地盤(不浸透域)としており両者共に浸透施設の検討条件としてマッチしません。

*浸透施設の設置条件は、

・地下水面上の土質状況が不飽和帯であること。

・土質が盛土等で締固めた地盤は避ける。

・浸透施設は不飽和帯の自然地盤に対し静水圧により浸透させる工法です。

Q)土質分類の意味が判らない。

ここでは大別した透水性の大⇒小(名称と透水係数)を説明しますが土質分類の詳細は文献および雨水浸透施設設計指針(北海道ポラコン社製)に記載されています。

礫質土k=10-1cm/sec

粗粒砂k=10-1~10-2cm/sec

中粒砂k=10-2cm/sec

細粒砂k=10-3cm/sec

シルトk=10-4cm/sec

粘性土k=10-5cm/sec

粘土k=10-6cm/sec

*k=10-5cm/sec以下の土質条件では浸透工法は見込めません。

Q)浸透施設の不適地は

(大別して)

盛土地盤

地下水面下

透水係数がk=10-5cm/sec以下の粘性土、泥炭層

Q)法肩および法尻の設置は

法尻に関しては透水性の悪い地盤では浸透施設を設けないので殆んど問題ありません。

法肩は浸透水により法面の崩壊の危険性が大であるため法高Hに対し2H以上法肩から離します。

Q)敷地面積が狭いので計算結果の浸透トレンチ長を確保するのが困難

埋設間隔を1.50m以上とし浸透トレンチを並列に設置することも可能なため数管列に配置し延長を確保します。

浸透施設の設置間隔を近づけすぎると浸透流の相互干渉により浸透量が低下しますが1.50m以上離すと殆んど影響がありません。

Q)浸透施設の構造で敷砂の要、不要が判らない。

土質が砂および砂礫地盤の場合は不要です。また、細粒土の場合は床で作業する際に締固まり底面の浸透能力が低下することから掘削後は直ちに敷砂を行います。

Q)ボーリング結果にて地下水が浅い(GL-1.00m)ので浸透施設は無理か

浸透桝、浸透トレンチは諦め浸透側溝で検討します。

施工

Q)透水シートの重ね幅は

周辺の土砂の吸出し防止が目的で一般的に10cm程度です。

Q)掘削床の転圧は厳禁となっているが完成後の沈下が心配

床転圧は底面の浸透機能を低下させるため、置換材および埋戻土にて層状転圧を行います。

Q)設計図書は浸透桝になっているが工事開始後、掘削をしたら地下水が浅い(GL-1.00m程度)位置で確認されたが設計通り施工するべきか

地下水が置換材内に入り込みます。地下水以深の浸透は期待できないので発注者と相談し浸透側溝を考慮すべきと思います。

Q)浸透桝と浸透トレンチ管および管同士の接続はモルタル等で固定するのか

浸透桝とトレンチ管の接続箇所の隙間はモルタルで埋め、トレンチ管同士は文献にも記載されていますがモルタル等で固定しません。また、トレンチ管の接合部は凹凸(差込式)となっております。

Q)浸透側溝の接続は目地モルタルが必要か

構造上、一般の側溝と同様に目地モルタルが必要です。

Q)導水管にて道路路面桝と浸透桝を接続するが浸透桝側は浸透桝に接続しないで導水管を置換材内で止めても良いのか

雨水を素早く浸透桝に流入させるために置換材内で止めないで浸透桝に接続します。流速を考慮すると置換材内で止めた場合は雨水が置換材を通り浸透桝内に入るまで相当な時間を要し路面桝でオーバーフローを起こします。

一般

Q)排水計画について自治体の申請に際しどの様な準備が必要か

・自治体により排水計画が違います。特に公共桝に接続する場合は許容放流量が設定されていて許容放流量を超える分は場内で貯留または浸透施設で抑制します。

・公共桝が無い場合は場内で雨水の全量を処理します。

Q)流末がある場合、浸透施設と一般の雨水排水施設を経済比較すると浸透施設の方がコスト高では

設計規模により異なります。

・道路計画の場合

道路延長および流域が大きい場合、下流に向かい一般の排水施設(縦断管、側溝等)では規模が大きくなります。

・敷地造成

敷地が広い場合下流に向かい一般の排水施設(導水管、側溝等)では規模が大きくなります。

Q)工場の毎日の排水量が多く下水道料金が多大となる。

土質を十分に確認し浸透工法で検討します。

・雨水とは違い毎日の使用のため設計に際しては土質により土の飽和を考慮します。また、365日、連日24時間使用の場合は浸透施設は難しいと思われます。

Q)地下工事で長期的に地下水を汲上げるが急激な地下水低下による地盤変化が心配

汲上げた地下水を離れた箇所で浸透(還元)させることが望ましいと思います。

Q)設計図書では排水施設はあるが工事着工後に現地確認をしたところ流末が無い。

比較的多い(年間数件)質問です。機械掘削により土質確認し浸透施設で検討することが宜しいと思います。

Q)合併処理浄化槽を設置したいが近くに下水管は勿論、雨水施設もない。

近年は補助金制度を設けて推進している自治体もあります。浸透可能な土質であれば

浸透施設で対応しております。

Q)浸透桝を深く設置したいが強度的に心配

縦型の桝に関しては鉛直方向は相当な耐久力を有し、側土圧に対しても鉛直荷重の1/3となるので殆んど心配ありません。但し、浸透トレンチ管についてはまともに鉛直荷重を受けますので極端に浅いか深い場合には安定計算が重要です。

Q)ポーラスコンクリートは外観上強度が弱そうで心配です。

コンクリート管、ヒューム管より圧縮強度が劣る分製品自体の肉厚を厚くすることにより製品強度を保っております。また、強度計算上ではカウントしませんが一応、有筋です。

Q)公共機関に浸透施設計画書を申請したところ浸透工法は認めないと言われた。

近年は気候変動により大雨やゲリラ豪雨等が発生し河川の氾濫が増えております。国土交通省より再三に渡り浸透および貯留による雨水の流出抑制の指導を各都道府県に通達しております。

Q)設計上、雨水桝と浸透トレンチの併用がコストダウンになるが問題点は

コスト面を考慮するとその通りです。恒久的に考えると浸透桝と併用することにより雨水と共に流入する泥等が浸透水と共に沈殿効果(泥溜め)を有し浸透トレンチへはきれいな水のみ送ることになります。トレンチ内部に目詰まりを起こすとメンテナンスが困難です。従って浸透桝と併用することにより浸透トレンチはメンテナンスフリー施設となります(文献に記載)。

Q)道路等で融雪剤を含んだ雨水を浸透させて畑等の被害の心配は

心配ありません。浸透施設は比較的深く設置するため、農作物の生殖範囲以深となり影響を受けません。また、浸透水は浸透桝、置換材を通過する際に礫間浄化作用を受けます。

Q)公共桝があり許容放流量が設定されているが土質的に浸透は無理

貯留施設か調整池で対応。従来の地下貯留施設はBOXカルバート等を用いておりましたが近年は樹脂系の軽量な施設もあり施工性および工期が短縮されます。

(その4)材料

Q)浸透桝としてコンクリート底抜き桝の使用は

雨水に含まれるSSおよび泥等は底面に溜まり桝底はヘドロ状態となる為、早期に目詰まりを起こし過去の経験から底抜き桝の寿命は2~3年です。文献においても底面、側面から透水するものとされています。

Q)置換材の選定は

単粒度が厳守です。標準的な設計では3号砕石(30~40mm)、4号砕石(20~30mm)ですが特に北海道はある地域が限られております。代用する場合0分(0~40、0~80mm)以外は殆んどがOKです。

詳しくは雨水浸透施設設計指針(北海道ポラコン社製)を参考にしてください。

Q)透水シートの品質に注意する点は

引張強度のほか透水性能が重要。計算上使用されている透水係数より下回ればNG。特に粗砂、砂礫の場合や土研法による現地浸透試験を行った場合は係数値が大きいので注意します。また、水平排水材用に用いるシートで透水係数が鉛直方向が小さく水平方向が大きいものがありますが浸透水は鉛直方向に進むため特に注意が必要です。

Q)浸透桝上の中間桝の高さの決定は

土質構造(不透水層の厚さ等)

側溝、縦横断管の規模

路盤厚

その他

維持管理

Q)点検および清掃等の頻度は

浸透施設の設置場所(周辺の環境等)により異なりますが年1回程度を標準としています。

*周辺の環境等とは

1)ゴミおよび土砂等の堆積が少ない場所(下記の場合は経過3年後におきましても浸透桝の底板が目視できます)

・駐車場のように周辺がアスファルトの場合

・車道部に使用する場合、住宅地のように交通量が少ない場所

2)ゴミおよび土砂等の堆積が多い場所

・道路側溝で田畑等の雨水も流入する場合

(特に台風シーズン前や大雨後は点検が必要です)

・車道部に使用する場合、交通量が多い場所や大型車の通行が多い場所

(経過3年後、桝底に10cm程度の土砂が堆積してる箇所もあります)

Q)施設の清掃方法は

人力による手作業のほか、ジェット噴射による洗浄やバキューム車による吸引等があります。

浸透桝と浸透トレンチ併用の場合は浸透桝が前処理施設となりますので浸透トレンチはメンテナンスフリーとなります。また、桝底の泥が長期間堆積し泥が固くなった場合はジェット噴射で洗いながらバキューム車で吸引することが有効的です。

Q)浸透桝内の土砂がどの程度堆積すると清掃が必要か

文献によりますと浸透トレンチへの土砂が侵入しないよう土砂の堆積高が桝底から浸透トレンチの管底の高さの50%以上となったら清掃することになっています。

Q)施工直後に大雨が降り浸透桝の頭まで土砂が流入したが浸透施設を交換しなければならないか

心配ありません。桝内の土砂をバキューム等で取除き軽い洗浄を行えば大丈夫です。また、トレンチと併用の場合も心配ありません。土砂はトレンチの入口で止まっており奥まで進みません。

 

文字サイズ: ||


新着情報

2017年12月4日
外構工事特設ページを開設しました!

2017年8月8日
コンクリート製品洗浄サービスの特設ページを開設しました

2017年8月8日
夏季休業のお知らせ

2017年7月14日
北洋銀行 ものづくりテクノフェア2017に出展します

2017年7月1日
北海道庁『先進的エネルギー関連技術開発支援事業』に当社の開発が採択されました!

2017年5月16日
北海道建設新聞に弊社の記事が掲載されました

2017年3月31日
平成28年度補正革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金に採択されました

2017年3月15日
北洋銀行ドリーム基金に採択頂きました

2017年2月10日
スリット入りブロックを発売しました

2017年1月5日
カタログを刷新しました

2016年11月24日
ミャンマーの展示会に出展しました

2016年8月31日
北海道ポラコン㈱の地域貢献事業

2016年8月3日
札幌市主催『世界冬の都市市長会議』のビジネス交流会に参加しました

2016年8月3日
北洋銀行にて私募債を発行しました(北洋エコボンド)

2016年7月26日
日本商工会議所「平成27年度補正小規模事業者持続化補助金」に採択されました

2016年7月26日
お盆期間中の営業日のご案内

2016年6月30日
平成27年度補正ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金において当社の「コンクリート製品の性能復活サービスの展開」が採択されました

2016年6月30日
道銀エコ私募債を発行致しました

2016年6月23日
当社の特集記事がふりっぱー7月号(札幌白厚版)に取り上げられています

2016年5月27日
立命館大学と共同研究を開始しました

2016年4月27日
ゴールデンウィーク期間中の営業日のご案内

2016年3月22日
「札幌市地域安全サポーターズ」に登録しました

2016年2月26日
栗山工場で臨時社員を募集しています

2016年1月20日
簡易ボーリング調査サービスを始めました

2015年12月14日
年末年始休業のお知らせ

2015年12月9日
札幌市、中国瀋陽市姉妹都市35周年にかかる、環境ビジネス交流会IN瀋陽、大連に参加してきました

2015年11月6日
インターンシップで高校生1名が来社しました

2015年10月10日
平成26年度補正ものづくり・商業・サービス革新補助金2次公募で当社の「設計給水装置を利用した冬期の融雪装置の開発」が採択されました

 




北海道ポラコンはWater Projectに参加しています